米CDC、エアロゾル感染警告を撤回 

SARSコロナウイルス2 (カテゴリ 2019新型コロナウイルス感染症)
体制で専用ワクチンの開発が行われている。 このウイルスの感染経路は、飛沫感染、接触感染エアロゾル感染などがあり、ウイルスは(少なくとも)3時間程度は室内の空気中エアロゾルとともに漂いつづけ感染持ち続けるということが確認された。 接触感染の経路には、電車やバスのつり革、ドアノブ、エレベーターや電気機器のスイッチなどが挙げられる。
96キロバイト (10,455 語) – 2020年9月22日 (火) 12:14

(出典 news.biglobe.ne.jp)
早とちりだね。

続きを読む

Source: ミックスニュース

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

更新情報

2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

RSS